外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年06月16日

王家の紋章(16) 細川智栄子 外国(古代エジプト)が舞台の歴史漫画

王家の紋章(16) 外国が舞台の歴史漫画


 40年以上前から続く少女漫画
 タイムトリップものとしては、ギネス級の長さですね


王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(16) あらすじ、ネタバレ注意



 毒杯からメンフィスが生還したら
 ミノア王国のユクタス将軍にキャロルが拉致られかけます

 どうしてこんなことを、って詰問されたから
 キャロルが流産で死にかけたとき、助けたらミノア王を見舞うって約束した、ってユクタス将軍が

 キャロルは初めて約束のことを知りました

 メンフィスが生還したこともあり、他人さまの命も大切にしたい、って気分だったんでしょう
 10日待ってくれれば、行きますって約束します

 で、ウナスやルカを連れて、ミノア王国へ

 14歳のミノア王のミノスは虚弱体質らしく
 生母の皇太后が摂政として、政治を取り仕切ってます

 キャロルの21世紀の常識から
 ミノス王の偏食を指摘し、室内の植物だらけの二酸化炭素過多、を指摘して
 毎朝、あずまやに出て陽の光を浴びて
 新鮮な果物を朝食として食べる、って約束させます

 きれいな年上のお姉さま(キャロル)にやさしくされて
 男としての欲望も育ったミノス王は
 キャロルにふさわしい男になりたい、って頑張り初めまして
 過呼吸の発作をキャロルに助けられたこともあり
 キャロルへの畏敬の念は、ミノア王国に広がっていきます

 その頃エジプトでは
 カプター大神官に、奴隷娘のメクメクがその肉体を使って取り入ってました
 この上昇志向の肉食系女子メクメクは
 大神官の手ごまとなって、メンフィスに近づく、かもしれません(^^)

 さて、ミノア王国は当時、エーゲ海の覇者でした
 そして現代では沈没してしまったサントリーニ島にミノアの秘密の軍港があり
 そこを見学することに・・ 


 ってとこで次巻へ





【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック