外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(73)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年06月15日

王家の紋章(15) 細川智栄子 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

王家の紋章(15) 外国が舞台の歴史漫画


 
 15巻で、やっとキャロルはメンフィスと再会しますが・・



王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(15) あらすじ、ネタバレ注意



 キャロルは意識不明のままにテーベに帰還します
 牢に入れられていたマシャリキは、青の王子と呼ばれるアシビニアの王子でした 
 
 アシビニア
 調べちゃいましたよ
 現在のエチオピアのアラビア読みです
 エチオピアは現在、大統領をトップとした共和国ですが
 ほんのちょっと前までは王政で
 王家の古さとしては、日本の皇室と双璧でした
 戦前、白人が偉かった時代
 黒人系のエジプトと、黄色人種系の日本は
 ともに世界の弱小国の希望の★だったようです
 冷戦で、ソ連寄りとなって日本との縁を薄れましたが
 冷戦終結後は、ODAとかで日本との関係も少しずつ戻っているようです
 星座にも登場しますが
 カシオペア王妃とかアンドロメダ王女とかは、古代エジプト王家のもの、だそうです


 横道にそれましたが
 それくら〜い、由緒正しいアシビニアの王子が、門外不出の特効薬を取り寄せさせ
 侍女?のエレニーに命じて、キャロルに飲ませました

 カプター大神官の祈りの満願の日に、薬が効いて、キャロルは目覚めます
 で、どさくさでカプター大神官は返り咲き・・

 キャロルは少しづつ快方に向かい
 侍女から、マシャリキが牢に囚われて知って驚きます
 自分を助けてくれた人がメンフィスに拷問されたとしって、牢から呼び出し
 お礼をいい、謝罪をし、メンフィスにも謝って、っていうけど
 王様は人に頭を下げません(^^)
 それに、キャロルに邪な気持ちを持ったに違いない、って(ほんとだしね)

 さて、キャロルを連れてテーベに戻り
 外国の訪問者に、王と王妃の健在を見せつけて侵略の芽を摘む
 それが外交というものですが
 マシャリキを鞭うたれて、怒っていたエレニーがメンフィスとキャロルを毒殺しようとしまして
 キャロルは飲みませんでしたが、メンフィスが毒杯を飲んで、ひん死となります

 キャロルは、水を飲み、吐かせて毒を薄めることしかできず
 メンフィスの体力勝ちでしたが 
 生還して、ホットします

 でも、キャロルをミノアに連れて帰る、って約束でキャロルの救出を助けたユクタス将軍が
 メンフィスが病床にある今のうちに、キャロルをさらおうって強硬手段を取って!

 ってとこで次巻へ








 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック