外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(73)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年06月02日

王家の紋章(2) 細川智栄子 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

王家の紋章(2) 外国が舞台の歴史漫画


 
 平成8年から文庫化されてまして
 1.2巻は同時発売でした

 その後、どんどん出るのが遅くなってきて・・(><)

王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(2) あらすじ、ネタバレ注意



 1巻の終わりで、
 無事現世(20世紀、って書いてある。今は21世紀だけどね。1976年開始の漫画だからね)に戻ったキャロル

 なのに、またアイシスが迎え?も来ちゃいます

 呪術版が完成して、過去に引き戻されたはずですが
 その呪術版、また壊れたらしいです
 でもってアイシスが、キャロルの「死体」が欲しい、って現れます

 メンフィスが、初恋?のキャロルがナイル河に落ちてから
 狂ったように探し回ってるから、弟がかわいそうだし、死体を見せたら諦めるだろ、ってことで

 キャロルは過去に引き戻され、メンフィスとご対面
 
 あんたなんか嫌い、って言って(超訳)逆鱗にふれ
 奴隷の部屋に押し込められ
(ふつ〜、この段階でボロボロでしょうね〜)
 でも、ウナスって庇ってくれる男の子がいて
(たぶん、彼のほかにもたくさんの配下が)
 で、ここで、石と砂利をつかった簡単な浄水施設を作って人々に尊敬され
 鉄の製造法を教えろ、って拷問されてる男を庇って
 製鉄の方法を教えて、尊敬されという風に
 どんどん「ナイルの娘」の地位は高まっていくわけです

 あ
 ナイル河に長く沈んでいたのに生きてる、ってことで
 すでに神格化されてましたね

 で、ヒッタイト国のイズミル王子が登場!
 同母で、かわいがっていた妹のミタムン王女の消息を追ってエジプト入りしていたイズミルが
 ミタムンのことを知ってそうだし、メンフィスが大事にしてるし
 ってことで引っさらっていきます

 ミタムンのことハケ、って鞭打ちされて
 ヒッタイトの首都ハトウィッシャでは、イズミルの父である王にいやらしい目でみられ
 と、いろいろ可哀そうなキャロル

 キャロルを追っかけてきてた護衛のウナスがハトウィッシャに来ていると知り
 一緒に「皮袋」に空気を入れたアクアラング方法で脱出しようとしますが
 切れ者のイズミルに見つかり、ウナスだけメンフィスのとこへ

 イズミルがキャロルをベッドに連れ込もうとするから
 キャロルが機転で脱出すると、そこにメンフィスたちが忍び込んできて
 イズミルがキャロルを追っかけてくるから
 キャロルは自分が囮になってメンフィスたちを逃がします

 で、いよいよ戦闘開始
 イズミルは、キャロルがメンフィスたちを引きこんだ、って怒ってナイフを投げつけ
 キャロルはひん死となり、エジプトに帰還

 メンフィスの必死の呼びかけで生還して
 メンフィスの妻になる、って約束します

 ってとこで次巻へ

 







 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック