外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(20)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年04月07日

クリスティ・ロンドンマッシブ(2)新谷かおる 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

クリスティ・ロンドンマッシブ(2) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画 


 時代考証がきちんとされてる英国舞台のマンガ
 クリスティがホームズの姪、ってことなので
 時代設定はヴィクトリアン(ヴィクトリア女王治世の時代)
 当時の社交界とか社会情勢とかが
 きっちり書き込まれています。

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)
クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)





クリスティ・ロンドンマッシブ(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 ホームズの姪クリスティが
 ふとした時に出会った謎の紳士はモリアーティと名乗った。

 平然と悪すら肯定するその哲学に
 妙な魅力を感じるクリスティ。

 舞踏会の後、
 彼女が耳にしたのは女王陛下暗殺の情報と、
 海外での爆破事件。

 2つの事件は「黒のゼウス」のキーワードで繋がって行く。

 そしてクリスティとモリアーティーは
 協力してこの事件と対峙することに!







クリスティ・ロンドンマッシブ(2)外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ注意



 一巻まではホームズ正典からでしたが
 二巻でついに、モリアーティと共闘でございます
 おもしろいから、いいです(^0^)


 ジョージ・グラハム・ハート君が登場です
 のちの旦那様?
 いきなり乙女のコルセットをとっぱらってますが
 そんなことしたら
 即、結婚ですよ。社交界の掟
 あ、いいのか、結果的に結婚するなら

 アンヌマリーの長女・キャリーも登場
 メイド頭が警官(今は警部補)と結婚
 っていうのは、労働者階級の上位者同士の結婚で
 よくあったようです

 さらに
 仕事のできない(レディは仕事を持てない)クリスティの代わりに
 元家政婦のコネリー夫人は、メイド養成学校を経営(パトロンはクリスティ)
 そしてアンヌマリーは、女性下着のお店を経営してます。
 そういう
 女性の経済的自立、って面も書いているのが 
 このマンガの好きなとこです

 女王暗殺事件の方は
 狙撃の場所を割り出して
 未然に防ぎましたが
 重傷の(縛り首確定の)犯人は
 モリアーティが逃がして
 自分の手ごまにしちゃいました(^^)

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック