外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(81)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年04月21日

薔薇王の葬列(1) 菅野文 外国(15世紀英国)が舞台の歴史漫画 

薔薇王の葬列(1) 外国が舞台の歴史漫画 


 ばら戦争の内容を見ると
 女にハマるなよ〜って言いたくなりますね〜
 白バラのエドワードくん
 あんたがへんな女に惚れるから、王位を手放すことになったんだよ、って
 
白薔薇側
ヨーク公リチャード(3人の息子の父)
長男・エドワード
次男・ジョージ
三男・リチャード(両性具有の主役)

エリザベス(エドワードの妻)
ランカスター側だった愛夫を殺され、ヨーク側のエドワードを籠絡
王妃に収まったが、内乱の種になる


赤薔薇側
ヘンリー六世(ランカスター)
マーガレット(六世の妻・フランス王女)
エドワード(6世の息子)

薔薇の間を立ち回る大貴族
ウォルリック伯(ヨーク公と親友)
アン(ウォルリックの娘でリチャードが好き)




薔薇王の葬列(1)
薔薇王の葬列(2)
薔薇王の葬列(3)


薔薇王の葬列(1) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ


 
 中世イングランド。
 白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代。

 ヨーク家の三男・リチャードにはある秘密があった。

 己を呪うリチャードは残酷な運命に導かれ、悪にも手を染めていくが……! ?

 ウィリアム・シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に描かれる禁断のダークファンタジー!






薔薇王の葬列(1)  外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



1~4話

1、
 ヨーク公リチャードの三番目の子は
 両性具有で、パパはそれを知っていても愛し
 ママは悪魔の子って嫌います

 パパ・リチャードが現在の王様・ヘンリー6世と戦争してるんで
 ヨーク公の次男、三男は、パパ・リチャードの盟友であるウォリック伯爵のとこに居候
 
 一方ヘンリー六世は、ちょっと精神的に不安定で(史実)
 配下を指揮するのは、フランス王家出身の奥さん

2、
 パパ・リチャードは、自分と同じ名前をつけた三男をそれは愛していて
 彼(彼女)の言葉を天啓のように受け入れてます

 パパ・リチャードが敗戦し
 ヘンリー六世の息子のエドワードがウォルリック伯爵の館に押し寄せます
(エドワードだらけで、とってもわかりにくい^^;)
 
 華奢な体のリチャードは、床石のスキマから館を抜けだし
 森で日時計を掘るの農民のオトコ・自称羊飼いと知り合います
 実は、そいつがヘンリー6世なんですが、お互いが素性を知らぬままに
 このあと、何度か会うことになります
(ロミオとジュリエットみたいね)

 男と別れたあと、リチャードは兄様のエドワードど再会
 パパ・リチャードが元気だと知り、安堵します

3、
 ヘンリー6世と妻、息子は勝利の宴を楽しむが
 リチャードたちは閉じ込められたまま

 リチャードはもう一度石床のスキマから外に出て
 なぜか再び、農民のオトコ(ヘンリー6世)と再会します

 なんか、二人とも運命感じちゃいます
 二人とも、実の母に疎まれてるって共通点もあるようです

 お互い、リチャード、ヘンリー、と名乗りますが
 赤、白、バラの血縁とは知らず、二人はまた別れます

 そして、ヘンリー6世の息子・エドワードに呼び出されたリチャードは
 悪魔の体ってどういう意味だ?って服を裂かれ、わずかにふくらむ胸を掴まれて、女性?だとばれます

 男性だといいながら、実は女性?
 それが奴の秘密なのか?ってエドワード

 そんな時にヨーク公が妻と二男、三男を取り返しにやってきて
 ヘンリー6世側は館から敗退します

4、
 ヘンリー6世はヨーク公リチャードに王権をゆずりますが
 妻のマーガレットは巻き返しの戦いをいどみ
 息子・リチャードに、二度と退かぬ、と誓ったヨーク公は
 囚われの身となります

 
 ってとこで一巻終了

 絵が麗しくてね〜
 そして、かわいいリチャードがママに疎まれて可哀そうでね〜

 ああ、止められまい

 とってもおススメのマンガです!!

 


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇王の葬列(15世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック