外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年01月14日

黒執事(17) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

黒執事(17) 外国が舞台の歴史漫画



黒執事(1) 黒執事(2) 黒執事(3) 黒執事(4) 黒執事(5) 
黒執事(6) 黒執事(7) 黒執事(8) 黒執事(9) 黒執事(10) 
黒執事(11) 黒執事(12) 黒執事(13) 黒執事(14) 黒執事(15)
黒執事(16) 黒執事(17)

黒執事(17) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 潜入せよ、真夜中のお茶会に

 名門寄宿学校の秘密を探るセバスチャンとシエル。
 謎の校長と接触できる、奇妙なパーティに参加したくて
 頑張りましたクリケット大会
 シエルは、ついに事件の真相に辿り着くーー!?

  大人気19世紀執事活劇





黒執事(17) 外国が舞台の歴史漫画 以下、ネタバレ注意



78、その執事、追走
79、その執事、決勝
80、その執事、好投
81、その執事、施錠
82、その執事、朗笑

 クリケットって、日本ではなじみのないスポーツですが
 野球のもとになったものです
 で、いろいろ書いてあります
 シェルは、相変わらず
 笑顔の裏で腹グロで、悪魔の主ですね〜

 さて
 万年負け組の青寮(ブルーハウス)
 今回はシエルがやる気で(勝たないと、お茶会に呼ばれない)
 お色気作戦(女性に免疫のない子をたぶらかす)
 スイングしない作戦
 守備堅め作戦と
 やってます
 その間に、セバスチャンは本気で校長を追いますが追いつけません
 本気で、ですよ
 悪魔が本気で追ってもダメ、ってどうよ・・・

 さて
 試合は勝利、シエルは校長主催の真夜中のお茶会に呼ばれました
 そこで、そもそものお仕事
 消えた少年たちの行方を校長に詰問しますが
 消えたはずのデリック・アーデン登場します
 あの、カンパニア号でのゾンビ状態で
 そして、校長の正体は、葬儀屋(アンダーティカー)でした



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:43 | TrackBack(0) | 黒執事(1〜20)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック