外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年01月14日

黒執事(9) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

黒執事(9) 外国が舞台の歴史漫画


 館での連続殺人事件が
 始まります・・。

黒執事(1) 黒執事(2) 黒執事(3)
黒執事(4) 黒執事(5) 黒執事(6)
黒執事(7) 黒執事(8) 黒執事(9)
黒執事(10) 黒執事(11) 黒執事(12) 
黒執事(13) 黒執事(14) 黒執事(15)
黒執事(16)


黒執事(9) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意



1,その執事、悲愴
 チャールズ・グレイ
 チャールズ・フィップス
 Wチャールズは
 女王の秘書武官兼執事
 殴り込みみたいなんで
 メイドとコック(バルド)が迎撃つが叶わす
 執事が救済と仲裁に入りました

 女王から2週間後に訪英する客人を
 正餐会えでもてなせ、と命令
 番犬ではなく、貴族の伯爵へ女王からのお願い
 ノブレス・オブリージュ



2,その執事、吃驚
 オペラ歌手のアイリーン
 演出家のクリムビズー・キーン
 造船界の御曹司パトリック・フェルペス
 ラウと。妹のランマオ
 ダイヤモンド社のウッドリー
 で
 作家さん(眼科医、ピートン誌掲載)

 ゲオルグ・ジーメンス卿とチャールズ、遅参で到着

 で
 酒癖の悪いジーメンスが
 アイリーンに手を出して
 キーンの怒りを買うが
 
 ジーメンスの死体が発見される



3,その執事、収容

 密室殺人で 
 疑われたのはシエル
 先生と同室

 シエルは執事に命じる
 暖炉の火を絶やさないように

 セバスチャンが卿の部屋の暖炉を調査していると
 背後に黒い影


4,その執事、死亡
 コックとハウスメイドに顔を見せ
 最後にシエルに顔を見せて
 セバスチャンの死体が発見される


5,その執事、代行

 朝食の席に座るが
 一人足りない
 造船屋の御曹司が起きてこない
 密室をこじあげると
 死体がありました

 これで
 3人が死にました

 雨で閉じ込められた館での
 連続殺人事件








 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:37 | TrackBack(0) | 黒執事(1〜20)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック