外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年01月14日

プリーズ、ジーヴス(1) 勝田文 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

プリーズ、ジーヴス(1) 外国が舞台の歴史漫画


 時代はヴィクトリア朝。
 イギリスのユーモア作家ウッドハウスの作品が世界で初めて漫画になったのが
 この、「プリーズ、ジーブス」だそうです。

プリ-ズ、ジ-ヴス(1)
プリーズ、ジーヴス(2)
プリーズ、ジーヴス(3)
ジーヴス英国紳士録(4)

プリーズ、ジーヴス(1) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意



 森村たまきさんのコラム付きの、ヴィクトリア朝時代の名執事のお話

 アガサ伯母さんに結婚を勧められたバーティー
 相手はオノリア
 で、嫌われようとしたけど気に入られて
 ほとんど結婚が決定したんだけど
 オリノアが、結婚したらシーブズ解雇してね、っていったんで
 シーブスが色々画策して
 結婚は破断です。よかったね

 小さな田舎のレースといえども
 貴族の血は賭けを望みます
 ってことで、村祭りの徒競走で誰が勝つか、ってことに
 いろいろ画策したバーティーですが
 ざっくり掛け金を持っていったのはシーブズでした(^^)

 バーティーが友達のビンゴに恋人との仲立ちを頼まれたんですが、あいかわらずのオバカコンビで
 恋人にビンゴはフラれ、シーブスが動いて一件落着

 ビンゴの叔父さんは、ビトルシャム卿になりました
 この時代、お金もちさんが卿にグレードアップすることはよくありました
 で、相変わらず万年恋してるビンゴがまた問題持ち込んできまして
 はい、シーブスが解決しました

 こんどもビンゴがかかわります
 ビンゴが結婚した相手は、バーティーが嘘ついていた作家さんの本物でした
 ってことで、シーブスが事後処理してくれます
 はい、バーティーがおバカで自分が作家だと思い込んでる危ない奴ってことにしてました
 
  






 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:29 | TrackBack(0) | プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック