外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年01月14日

修道士ファルコ(3) 青池保子 外国(14世紀ドイツ)が舞台の歴史漫画 

修道士ファルコ(3) 外国が舞台の歴史漫画 


 3巻の最初には、ドン・ペデロというカステリアの王様が登場します
 この人、不遇の死を迎えるのよ・・
 王城、という、青池保子さんの前作の漫画の主役でした
 なつかしいなぁ〜

修道士ファルコ(1)
修道士ファルコ(2)
修道士ファルコ(3)
修道士ファルコ(4)





修道士ファルコ(3) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 カスティリア王、ドン・ペデロに見送られ
 リリエンタール修道院に戻る旅に出たファルコとマティアス

 スペインからドイツへの長い旅路の途中、フランスで遭遇したまか不思議な出来事は?

 個性的な修道士たちも勢揃い
 
 2巻までは既刊が出版社を移動してのものでしたが
 この3巻からは新作です! 





修道士ファルコ(3) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



 大人の事情で、秋田書店に移動したシリーズです
 この2巻までは、前に持っていて古本屋に売ったのとかと重複してますが
 現在続けて読んでも、絵がそんなに変わってないとこがすごい!

 3巻は、いよいよ新作です!

エピソード7(1〜2)
 ドン・ペデロ王
 王城は全巻読んじゃったので、不遇の死のシーンも読んじゃってます
 マルティン・ロペスとか
 ロドリゲスとか(王の娘に仕える忠臣でしたが、海難事故で死亡)
 ああ、なつかしい・・

 でもって、マティアスとファルコはスペインからドイツの僧院への帰国旅
 フランスで、聖人の骨の奇跡、の顛末に巻き込まれます

 聖人の遺物は、限られてるんで、教会たちは盗みあいです(いいのか・・?)
 遺物はキセキを起し、奇蹟が起きると巡礼者が増え、巡礼が増えると寄進とかもふえて
 教会は富んでいく
 ってサイクルがありまして
 今回も、聖セバスチャンの顎の骨が、プロの遺物泥棒に盗まれて教会に届くはずが
 大雨で土砂崩れや川の氾濫があって
 どういうわけか、マティアスのフードの中に

 聖セバスチャンは、無事に教会に自分(顎の骨ね)を運んでほしかったらしく
 マティアスに幻影を見せて、教会へ誘導

 そのたびの途中に、雨を晴天にするキセキの司祭さんとそのお供、とかかわり
 一緒に、聖ペテロ教会の増築された聖セバスチャン教会まで
 でもって、ファルコたちの持ってきた遺物が正当かどうかのお試しがありまして
 無事にファルコたちの方が本物とわかりました

 良かったね



エピソード8(1〜2)
 こちらはドイツに着いてからのお話
 アルヌルフの父上が急死して、跡取りに指名する、って遺言書が出てきました

 でも、アルヌルフは僧院にいたい!

 さらに、どうもその遺言書が偽造らしい

 理由は、亡き父の代から権勢をふるっていた家令が、自分の権力保持のために
 僧院育ちで力も能力もないアルヌルフを後継ぎに据え、傀儡にしたいから、らしい

 それを見抜いた修道士たちが
 いろいろ調査して、亡き父が、今の奥さま(アルヌルフの母)と結婚する前に結婚してたこと
(結婚してたかは、実は不明
 でも、女性との間に息子を授かってた)
 その息子は、亡き父上の子とは知らされずに、それでも父上に目をかけられていたこと、がわかる

 でもって、修道士たちが
 偽造には偽造返し??
 結婚証明書をつくり、その義兄(腹違いね)が跡取り、って証明して
 家令の陰謀をつぶしました

 この3巻くらいから
 修道士仲間たちのキャラ立ちとチームワークができてきて
 お話がとっても面白くなってきました!

 次巻が楽しみです(^0^)

修道士ファルコ 3

修道士ファルコ 3

修道士ファルコ 3

[著]青池保子




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:25 | TrackBack(0) | 修道士ファルコ(14世紀ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック