外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(17)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年01月14日

軍靴のバルツァー(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

軍靴のバルツァー(2) 外国が舞台の歴史漫画 



 この本の中の
 エルツライヒ帝国のモデルはオーストリア・ハンガリー帝国
 ホルべック王国のモデルは、デンマーク王国です

 新潮社の月刊コミックパンチに連載中

軍靴のバルツァー(1)
軍靴のバルツァー(2)
軍靴のバルツァー(3)
軍靴のバルツァー(4)
軍靴のバルツァー(5)


軍靴のバルツァー(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 軍事大国ヴァイセンから
 同盟小国バーゼルラントに軍事顧問兼士官学校教官として赴任して来たバルツァー少佐

 平和ボケした生徒や教官たちとぶつかり合いながら
 次第に信頼を得てゆく。

 しかし王族間の派閥争いに巻き込まれ、
 第一王子の側近であり、
 かつての同期であったルドルフの奸計により組織されたデモ隊の鎮圧に
 生徒達と共に駆り出される事に…。

 早くも実戦を強いられる生徒達とバルツァーの命運は…!?





軍靴のバルツァー(2) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ注意



6話、志
7話、旧知
8話、深謀
9話、索敵
10話、初陣

 バーゼルラントは、軍事的に本当に後進国で
 士官学校の生徒たちもヴァイセンでは士官の採用基準にほとんど満たない

 バルツァーは、あくまでも仕事として教師をしてるから
 なつかれるのも、仕事のうち
 そういうクールなとこと
 実際はきっちり子供たちを守る時が
 なんか、いい感じです

 2巻では、旧知で裏切りも者の、ルドルフと再会します
 なんと、バーゼルラントの第一王子の取り巻きになってました

 軍事大国ヴァイセンとしては、バーゼルラントと同盟関係を密にしたい
 でもバーセルラントにルドルフがもぐりこみ
 同盟関係をぶち壊そうとしている

 そして策謀が行われて市民の暴動が扇動、勃発してしまう


 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:20 | TrackBack(0) | 軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック