外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(9)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年01月14日

軍靴のバルツァー(3)外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ

軍靴のバルツァー(3)外国が舞台の歴史漫画



 エルツライヒ帝国のモデルはオーストリア・ハンガリー帝国
 ホルべック王国のモデルは、デンマーク王国です

 新潮社の月刊コミックパンチに連載中

軍靴のバルツァー(1)
軍靴のバルツァー(2)
軍靴のバルツァー(3)
軍靴のバルツァー(4)
軍靴のバルツァー(5)





軍靴のバルツァー(3) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 バルツァー少佐は王族間の派閥争いに巻き込まれ、
 はからずも第二王子の知恵袋として重用されて行く事になる。

 そして国を憂う王子の決断が彼の運命を変えていく!?




軍靴のバルツァー(3)外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ注意



11話、世論戦
12話、覇王の家
13話、架け橋
14話、解放
15話、憂国の謀

 第二王子が、士官学校の生徒を配下に
 暴動鎮圧にかかるところを
 脇から助けたのはバルツァー少佐 

 でもこの暴動、もともとは世論に王子を悪役にしたてるためのもの
 バルツァー少佐も、しっかり世論で
 士官学校の子供たちが亡くなったこと、葬儀もしっかりおこなって涙を誘い
 世論戦に立ち向かう

 さて、バルツァー少佐は第一王子に招かれて城へ
 そこで、南部の大帝国エルツライヒが、バーゼルラントに触手を伸ばしていることを知る
 第一王子のフランツは大帝国側へ
 第二王子のライナーはヴァイセントと手をつなぐふりをして独立を守りたい
 覇王の家(王家)は兄弟で思惑が分裂してる
 そしてその背後にはルドルフが・・

 駆け引きが始まった
 そして、騎馬と自転車の対決とか
 アジ的に配布された暴動スクープ写真の
 秘密地下印刷工場を摘発したり
 いろいろありの3巻です



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:19 | TrackBack(0) | 軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412316496

この記事へのトラックバック