外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(25)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)

2015年01月14日

軍靴のバルツァー(5)  中島三千恒 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

軍靴のバルツァー(5) 外国が舞台の歴史漫画


 
 
 エルツライヒ帝国のモデルはオーストリア・ハンガリー帝国
 ホルべック王国のモデルは、デンマーク王国です

 新潮社の月刊コミックパンチに連載中


軍靴のバルツァー(1) 軍靴のバルツァー(2) 軍靴のバルツァー(3)
軍靴のバルツァー(4) 軍靴のバルツァー(5)


軍靴のバルツァー(5) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ


 
 安全なはずの駐屯地に敵のホルベック軍が奇襲。
 止むなく撤退を決意したバルツァー達に
 容赦なく襲いかかる精鋭騎兵部隊

  最悪の撤退戦をバルツァー少佐はどう指揮する!?




軍靴のバルツァー(5) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ注意



21話、戦争の才能
22話、導く者
23話、続かぬように
24話、罪悪感
25話、投資先
26話、戦争の姿

特別編

 ホルベック軍のトップは戦争屋の、貴族のニールセン大尉
 彼は、投降した負傷者を虐殺していく

 冷酷だが能力の高いニールセンは
 バルツァー少佐を好敵手と狙いをつけ、執拗に追ってくる
 スパイのせいで
 バルツァー少佐たちの中に、王子がいることも知られていた
 王子の部下たちは人の盾となって王子と士官学校生とたちを庇って殉死

 生徒たちにとっては
 自分がちが生き残った罪悪感ともども
 戦争の厳しさを実感していく
 
 4巻から、ヴァイセンの士官学校生とが二人、バルツァー少佐のヘルプに加わってます
 ユーリとティモ
 特にユーリの兄貴はバルツァー少佐と士官学校当時同級で、ルドルフの策謀に乗って
 自決したらしい・・

 絶体絶命に追い詰められた時
 バルツァー少佐に届けられたのは、役立たずの斉射砲
 だが
 牧場の金網を見たバルツァー少佐は、秘策を考え付く
 三角形に金網を仕込み、なかにホルベック騎兵を囲い込んだところで
 一せい斉射
 騎兵たちは虐殺され、生き残り逃亡したのはニールセン大尉一人
 圧倒的な勝利だった・・


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:17 | TrackBack(0) | 軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック