外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(16)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月22日

夢の雫、黄金の鳥籠(5) 篠原千絵 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

夢の雫、黄金の鳥籠(5) 外国が舞台の歴史漫画


 オスマントルコの時代に実在した妃ヒュッレム
 このマンガを読んで、調べてしまいました
 史実通りだと、あの人もこの人も、これからさらに波乱万丈です

夢の雫、黄金の鳥籠(1)
夢の雫黄金の鳥籠(2)
夢の雫、黄金の鳥籠(3)
夢の雫、黄金の鳥籠(4)
夢の雫、黄金の鳥籠(5)




夢の雫、黄金の鳥籠(5) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 オスマン帝国皇帝・スレイマンの寵愛を受け
 後宮で頭角を現していくヒュッレム。
 けれどそれは、第一夫人ギュルバハルとの対立を生むことを意味していた
 
 ギュルバハルの手配する宦官にさらわれて、海に投げ落とされたヒュッレム
 つねにヒュッレムを見守るイブラヒムに助けられ、そのまま一夜をすごし
 イブラヒムは安全のために、忠実だった部下を皆殺しにします

 そしてハレムに戻ったヒュッレムは妊娠を知る
 腹の子は誰の子なのか・・

 妊娠後、ギュルバハルの刺客は堂々とハレムで刃物を振り回します。
 だが、刺客は全滅
 いったい誰がヒュッレムを守ったのか?

 ハレムでの血なまぐさい戦いをよそに
 スルタン・スレイマンのロードス島攻略は着々と進んでいく
 




夢の雫、黄金の鳥籠(5) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



 5巻は、いろいろと突っ込みどころがありまして
 ヒュッレムがハレムで襲われるんですが
 その襲ってくる宦官が、5人だったはずなのに
 死体に成ったら6人とか

 52Pではロードス島攻略のスレイマン軍15万人と記載されてるのが
 最終ページでは16万人になってる、とか

 チェックが入らなかったんですね〜
 めずらしいですね〜

 今まで、連載が間遠かったんですが、これからは隔月になって
 単行本が早くでるようです
 6巻は2014年の冬の予定

 ネタバレも、あらすじとほとんど変わりません

 イブラヒムは、出世して、愛妾(ヒュッレム)の下げ渡しを狙ったのですが
 ヒュッレムが妊娠したもんで、それができなくなりそうです

 一方ヒュッレムは、どっちの子かわからない、っておびえてましたが
 子供もろともに殺されそうになって
 そうだ、この子はどっちの男の子でもない
 私の子よ!って目覚めまして(・・少し遅いか・・)
 さて、6巻からは、もちっと強い女(母は強い)になれるかな。

 ってとこで、次巻


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 12:29 | TrackBack(0) | 夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック