外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月22日

チェーザレ(9)惣領冬実 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

チェーザレ 破壊の創造者(9) 外国が舞台の歴史漫画



  8巻から間が空いたので、心配してました

チェーザレ(1) チェーザレ(2) チェーザレ(3)
チェーザレ(4) チェーザレ(5) チェーザレ(6)
チェーザレ(7) チェーザレ(8) チェーザレ(9)
チェーザレ(10)

チェーザレ 破壊の創造者(9) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 混迷のイタリア半島をかろうじて結びつけてきた
 中世最強の同盟、三国同盟。

 その中心人物、豪華王ロレンツォ・デ・メディチの体を
 静かに病魔が蝕む中、
 最高権力者の一人教皇は
 同盟崩壊のため最後の奇策に打って出た。

 ヨーロッパは、
 再び戦火の渦に巻き込まれるのか?

 520年前の大転換期、

 1492年。
 ボルジアとメディチの固い絆は、
 戦争を止められるのか?

 チェーザレ・ボルジア、17歳。
 彼の理想が世界を変える。




チェーザレ 破壊の創造者(9) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



 ロレンツォ・デ・メディチ
 死が近づいています
 彼が死ぬと、ボルジア家は支持者を失うことになります
 チェーザレの父で、教皇候補のロドリゴと頻繁に手紙をやりとりし
 けっこう緊迫してきました。

 アンジェロは、おじいさんに
「元気だと伝えて」とフィレンテェに行くミゲルに頼みます

 自分から「私はユダヤです」と言ったミゲルに
「孫と仲良くしてくれているなら、問題ない」という爺様
 とってもいい人ですね。

 そしてアンジェロは、
 チェーザレのススメで、
 ジョバンニの側で生きることを決心します

 このお話、
 アンジェロ目線でけっこう進んでいるんですけど
 アンジェロがジョバンニにくっついちゃうと
 これからのお話、どうなるのかな?

 そういうところもあって、遅れてるのかもしれませんね


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 11:44 | TrackBack(0) | チェーザレ(15世紀イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック