外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(24)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月22日

チェーザレ(4)惣領冬実 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

チェーザレ(4) 外国が舞台の歴史漫画


 チェーザレ・ボルジア 没後500周年。
 彼は中世を破壊した。


チェーザレ(1) チェーザレ(2) チェーザレ(3)
チェーザレ(4) チェーザレ(5) チェーザレ(6)
チェーザレ(7) チェーザレ(8) チェーザレ(9)
チェーザレ(10)


チェーザレ(4) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ


 1491年、11月。
 フィレンツェの大富豪ロレンツォ・デ・メディチに見込まれたアンジェロは、
 各国から貴族や有力市民の子弟が集まる
 名門・サピエンツァ大学ピサ校に入学、
 そこで一人の青年と出会う。

 彼の名はチェーザレ。
 スペイン出身で、
 父は教皇庁のナンバー2という名門貴族。

 はるか昔、
 全ヨーロッパを支配し
 巨大な帝国を築いた英雄・カエサル
 と同じ名を持つ青年は、
 のちに現代政治学の祖・ニッコロ・マキァヴェッリの
 名著『君主論』のモデルとなり
 政治の天才と謳われた人物だった……。

 死後、政敵に徹底的に資料その他を破壊され
 闇に葬られた若き英雄が、今甦る。超美麗ルネッサンス絵巻!

 現教皇に死期が近づき、
 ローマでは次の教皇選を睨んだ戦いが始まっていた。

 チェーザレは、
 ロレンツォとピサ大司教との協調を画策。

 工場建設計画を立案し、
 ジョヴァンニを陰で動かすとともに、
 アンジェロを工事責任者につけ計画を進める。

 そんな中、
 チェーザレの働きにより
 ラファエーレとジョヴァンニの会食が実現。

 両家の因縁は解消したかに見えたが、
 今度はピサに漂い始めた新たな陰謀の影が、
 チェーザレに近づいていた。






チェーザレ(4) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意


「ヨーロッパ人とは何だ?
 同じ大陸にいながらカタロニア人 バルバロイ……
 我々をそう呼び 蔑んできた民族のことか?」
「ふん くだらん選民意識だな」
 当時
 民族差別を無視することは、
 本当にすごいことです。

 一方
 ローマで兄を想う、チェーザレ最愛の妹・ルクレツィア。

 ピサでは工場建設を邪魔する者が。

 チェーザレに仇なすものが迫る中、
 大司教邸で因縁の晩餐会が始まる。

 4巻では
 ルクレッツアが自分の母のことで「いんばいってなに?」と聞きます
 チェーザレが、ひとこと
「いずれ黙らせる」
 かっこいい〜〜^!!


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 11:39 | TrackBack(0) | チェーザレ(15世紀イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック