外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(24)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月22日

チェーザレ(3)惣領冬実 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

チェーザレ(3) 外国が舞台の歴史漫画




チェーザレ(1) チェーザレ(2) チェーザレ(3)
チェーザレ(4) チェーザレ(5) チェーザレ(6)
チェーザレ(7) チェーザレ(8) チェーザレ(9)
チェーザレ(10)


チェーザレ(3) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ


 現代政治学の祖、マキャヴェッリ登場。
 死期が迫る教皇。
 次期選挙に向け謀略を練る枢機卿達。

 ピサではまた1人、
 策士がチェーザレに近付く。

 彼の名はニッコロ・マキャヴェッリ。

 この2人の出会いは運命か、それとも宿命か。

「史実の十分な考証を踏まえたこの作品において、
 私の最大の楽しみはチェーザレ・ボルジアと
 マキャヴェッリの出会いがどう描かれるかである。
 チェーザレはどこまで
 マキャヴェッリのアイドルだったのであろうか、と」
 佐々木毅(学習院大学教授・前東京大学総長)


チェーザレ(3) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意


 チェーザレの時代、
 ヨーロッパは強国がひしめき、
 イタリアは弱小国で、
 さらに、分割して戦乱の中です。

 過酷な運命
 そこを生きたチェーザレは天才だったと、いわれてますが
 この作品は
 チェーザレの青春物語です。

 チェーザレの側近ミゲルはユダヤ人です
 この時代(というか、第二次大戦まで)ユダヤ人は、
 キリスト強圏では、本当に迫害される人たちでした
 人扱いされてない
 イエスを十字架につけたのがユダヤ族なので・・。
 でもチェーザレは側近として使う。
 理性で選んでいるわけです。

「あなたの傍で解放される人がいる
 自由とは、
 場所に存在しているのではなく、
 真の自由は人の心の中に存在する」

 アンジェロ君の言葉です。

 三巻、面白かったです


 

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 11:38 | TrackBack(0) | チェーザレ(15世紀イタリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック