外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(2)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年10月12日

乙嫁語り(4)森薫 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

乙嫁語り(4) 外国が舞台の歴史漫画



この作家さんは、ほんと〜に絵が上手で
衣装とか、魚とか、書き込みもすばらしく
大好きです!


乙嫁語り(1)
乙嫁語り(2)
乙嫁語り(3)
乙嫁語り(4)
乙嫁語り(5)


乙嫁語り(4) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、



4巻は、
三番目の乙嫁、ライラとレイリが登場!

英国人スミスは、
タラスと別れたあとも目的地アンカラへの旅を続けていく。

旅の疲れなのか、
馬の上から水面にドボンと落ちてしまったスミスを助けに向かったのは……!?

現在のウズベキスタンにある巨大な塩湖"
アラル海の近郊、
漁村に暮らす人々の生活と文化を描き上げる『乙嫁語り』第3シーズン。

本巻は作者・森薫の新たな魅力が大爆発する一冊です。


乙嫁語り(4) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



 女性は嫁に行くしかない、時代
 日本でもつい最近までそうでした

 で、そういう人権(?)のない時代でも、
 娘を愛する両親がいれば、
 女たちは幸せに暮らせるんですね

 このシリーズは、
 前の登場人物がサラリと出てくるので、継続性があります

 今回も、
 冒頭にはアミルの兄様・アゼルが登場してます

 イケメンで、好み(^^)

 バカなおやじや、
 親族の年長者に逆らえず(究極の年功序列)
 時代に翻弄されるのが、かわいそうです・・。

 そして、
 幸せ(羊をたくさん持ってるお金持ち)な結婚を夢見る双子のライラとレイリが、
 幼馴染のサームとサーミに結婚を申し込まれます。

 オトコは結納金(男が女に払う)がないと嫁取りできません
 嫁は、男側からもらった財産を持参金として持ちます
 で、男側はそんな女の持参金に手をつけることが許されない!
 
 これ、いいですね〜
 嫁の財産は、一生、嫁のもの
 でも、死んだら嫁の財産は男のものになるので、
 殺されちゃうこともあります・・。

 で、サームとサーミの父親は貧乏なので、
 昔なじみなんだから結納金を負けろ、と交渉するわけです

 ふふ
 このシリーズはいろんな嫁取り風習を知ることができてうれしいです

 乙女の頭を触ったら結婚しなきゃいけないとか
 
 さて、次はライラとレイリの結婚式

 楽しみです(^^)









 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406779048

この記事へのトラックバック