外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(12)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年10月13日

乙嫁語り(おとよめがたり)(3) 森薫 外国が舞台の歴史漫画。あらすじ、ネタバレ注意

乙嫁語り(3)  外国が舞台の歴史漫画


 NHKでアニメ化マンガとなりました
 エマ、を描いた森薫さんのマンガ。

 な〜〜んて絵の上手なマンガ作家さんなんでしょう!!
 本当に、大好きです。

 2013年マンガ大賞で
 2位でした。
 素晴らしいので、
 立ち読みだけでなく
 ぜひ、手元に置いてみてください!!


 乙嫁とは、
 古語で、若いお嫁さん、美しいお嫁さん
 という意味だそうです。

乙嫁語り(1)
乙嫁語り(2)
乙嫁語り(3)
乙嫁語り(4)
乙嫁語り(5)


乙嫁語り(3) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、ネタバレ注意



 三巻は、
 カルルクのお嫁さんアミルが主人公ではなく、
 新しい「乙嫁」さんが登場。

 なんと、
 異邦人(イギリス人)であるスミスさんに嫁話が!!

 タラスさん、美人さん。
 旦那様が何人も亡くなって、翳りがあって素敵・・

 スミスさんと、
 結婚してもいい、とまで思ったのに、すれ違いで・・。

 女性の権利とか地位向上とか言いたかないけど、
 ほんの少し前まで、
 家長とか親って、権力者でしたよね。

 トップがバカだと下が不幸になるのは、
 会社も家族もおんなじですね。

 2巻では、
 アミルのバカ父が
 アミルの兄・アゼルに命じてアミル奪還に来ましたしね・・。

 さて、4巻が楽しみです。
 連載がサクサク進まないので、次の巻はと〜〜ても先でしょうね〜(^^;)




乙嫁語り(3)

乙嫁語り(3)
著者:森薫(1978-)
価格:651円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406779015

この記事へのトラックバック