外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年04月16日

黒執事(18)枢やな 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

黒執事(18) 外国が舞台の歴史漫画



 英国舞台のマンガ
 執事さん、あくまで執事ですから=悪魔で執事ですから

 寄宿学校編解決、魔女の呪い編開始

黒執事(1) 黒執事(2) 黒執事(3) 黒執事(4) 黒執事(5) 
黒執事(6) 黒執事(7) 黒執事(8) 黒執事(9) 黒執事(10) 
黒執事(11) 黒執事(12) 黒執事(13) 黒執事(14) 黒執事(15)
黒執事(16) 黒執事(17)
黒執事(18)





黒執事(18) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 学園ごっこはもう終わる

 名門寄宿学校に潜入したセバスチャンとシエルは、ついに事件の真相に辿り着く。
 いじめ撲滅に向かった、正義感溢れるエリートたちが迎える哀しい結末とは―!?

 「寄宿学校編」ついに完結!!




黒執事(18) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ



83話、その執事、賛同
84話、その執事、想像
85話、その執事、滑走
86話、その執事、車上
87話、その執事、探訪

 シエルが女王に頼まれて寄宿舎生活したのは、王族の血をひく侯爵家の跡取の失踪の真相を知るためでした。
 シエルがP4という学院の自治会トップ4に認められ、失踪者を知るはずの校長に会ったら、
 校長の正体は葬儀屋(アンダーテイカー)でした。
 死神?なのか、真実の正体のわからない謎の男。

 そして、失踪した侯爵デリックは、死んでました
 P4の前では完璧を演じて、影で弱い者いじめをし、さらに、副校長のアガレスまで抱き込んでました。
 清廉潔白なP4のグリーンヒルが最初にデリックを撲殺し
 あとは、その場にいたものを皆殺しで隠ぺい。
 そして、人体蘇生をしてくれる、ってとこに遺体を送り、ゾンビにして甦らせたわけです。
 ゾンビ化にはアンダーテイカーが噛んでました。

 学院の伝統のためには、デリックたちを殺すのも正当だっていうP4に、愕然とするシエルたち。
 
 シエルは、今度こそ葬儀屋を捕まえろ、って命じますが
 葬儀屋がシエルを狙っている、と知ったセバスチャンは、命令を無視してシエル確保を優先します。
 
 P4は放校処分、シエルはまんまを女王様に報告
 で、女王さまは、死なない人間が味方になったら、素敵ね、って・・なんか不穏な予感です。
 
 85話は閑話休題話
 メイリンのメガネを買いに、フィニの帽子の新調に、ほか色々をお買いものに。
 その途中で、葬儀屋が残した遺髪入れの調査結果を。8つの遺髪の一つはシエルの祖母のクローディア・ファントムハイムのものでした。
 葬儀屋は、ファントムハイム家とどういう関わりがあるのか?
 そして、ファントムハイム社の販促に、ユニコーンの着ぐるみ着て、女優を使ってセバスチャン、大活躍です。

 86話から、新しいお話
 人狼が守る森に侵入した人が、異形に変わって死んでいく、という事件が起こり、シエラが動くことに。
 馬車を買い取り、召使たちもつれてシェラが森に行くと、領主というサリヴァンが現れた。
 ってことで、魔女の呪い編は、次巻に続く
 

 


 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意
 のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます



【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 12:21 | TrackBack(0) | 黒執事(1〜20)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック