外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年04月12日

王国の子(3)びっけ 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

王国の子(3) 外国が舞台の歴史漫画



 びっけの最新刊 
 国の名はゼントレン、、ってことになってますが
 登場人物たちは、エリザベスにメアリにエドワードだから
 英国の王様たちの名前のまんま

 妻殺しのヘンリー8世は悪魔みたいな君主で
 その後を継いだエドワード王は短命で、エリザベス1世が継ぐまで
 英国なまさに、暗黒の時代です

王国の子(1)
王国の子(2)
王国の子(3)


王国の子(3) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



王位継承権を持つ王女・エリザベス。そのほのかな初恋の相手は義母の愛人・トマス。
しかし少女の淡い恋心さえ権力をめぐる宮廷の毒牙の餌食とされてしまう。
『エリザベスに邪心がなければ その証明にトマスの処刑に立ちあえ』

非情な命令に対して、エリザベスの影武者・ロバートは?

一方、現王のエドワードにも死の影が覆いかぶさり…!?

謀略、驕り、犠牲。王位を争う者たちの疑心を炙り出す、渾身の第3巻。






王国の子(3) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



 ゼントレン国の王宮には、第1〜3位の王位継承権を持つ者に、影武者がいます。
 この点があるから、このマンガがパラレルワールドで英国史ではない、ってことに。

 エリザベスの影武者ロバート
 エドワードの影武者ジョン、以外はほとんど英国史の人たちで
 このマンガをしっかりよむと、英国史の勉強になります

 3巻で、エドワード王が亡くなります
 そして、弟の闘病生活のためにエリザベスの影武者になったロバート。彼の弟が病死します。
 これで、影武者を続ける必要はなくなりますが、ロバートは、エリザベスの影武者役にとどまります
 自分を必要としてくれる人の側にいたいから・・

 そして、英国史上、本当にかわいそうな女王の話が始まります
 ジェイン・グリン
 王位を狙ってなどいなかったのに、回りに担ぎ出され処刑される悲劇の姫
 これは、4巻かな・・


王国の子 3巻

王国の子 3巻

王国の子 3巻

[著]びっけ




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 14:44 | TrackBack(0) | 王国の子(16世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック