外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(25)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)

2014年04月12日

軍靴のバルツァー(6)中島三千恒 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、ネタバレ注意

軍靴のバルツァー(6) 外国が舞台の歴史漫画


 
 このマンガは、19世紀後半のヨーロッパ軍略マンガです

 エルツライヒ帝国のモデルはオーストリア・ハンガリー帝国
 ホルべック王国のモデルは、デンマーク王国です

 新潮社の月刊コミックパンチに連載中なので、次巻が出るまでが長い・・(^^;)


軍靴のバルツァー(1) 軍靴のバルツァー(2) 軍靴のバルツァー(3)
軍靴のバルツァー(4) 軍靴のバルツァー(5)
軍靴のバルツァー(6)

軍靴のバルツァー(6) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ


 
 ホルベックとの戦争は、エルツライヒの調停によって国際和平会議に舞台が移った。
 列強各国の思惑と陰謀が渦巻く中で、リープクネヒトの奸計がバルツァーと生徒達を窮地に追い込む!?




軍靴のバルツァー(6) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ



27話、帰還
28話、黒い霧
29話、凱旋
30話、国際会議
31話、国王の力
32話、軍靴の響き


 ヴァイセンの軍人でありながら、バーゼルラントの士官学校の教官に派遣されてるバルツァー
 バーゼルラントの第二王子と、士官学校の生徒たちとともに、敵陣を抜け出すハメになります。

 この時代は、騎馬の時代から銃器、とくに重火器への転換期で
 今回も、ホルベック騎兵がバルツァーの戦略で殲滅されます

 バーゼルラントの兵200人は王子の為に命を投げ出し
 王子と生徒を守り切ったバルツァーは英雄と呼ばれ、凱旋します

 そんな時に、女流記者のアンネリーゼなんかが、バルツァーに接触してきたり、凱旋しても、こんどは情報戦が続いていくのでした。

 さて、第二王子は第一王子を差し置いて国際会議に出席

 エルツライヒ、ホルベック、ヴァイセン、バーゼルラントの四か国語会議が始まりますが
 そこでは諜報活動も活発で
 ヴァイセンの領事館の職員が死体で発見されたりします

 さらに、ヴァイセン国王がエルツライヒを訪問することになり
 国王暗殺計画に気付いたバルツァーが、死にかけたり・・

 重火器などの軍事力を持ち、先進国と呼ばれる国々も、トップは古くからの王家が続き
 宮廷での陰謀などもあって、指揮系統が入り乱れる中
 今度はバルツァーが、因縁の相手である旧友で裏切者のリープクネヒトの招きを受けて
 馬車に乗り込み・・

 ってとこで次巻です。  


 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 14:30 | TrackBack(0) | 軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック