外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(7)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年07月31日

王国の子(7) びっけ 最新刊 ワイアットの反乱は処刑で終わり、スペインの美形王子がやってきます。 あらすじ、ネタバレ注意

王国の子(7) おもしろかった、外国が舞台の歴史漫画



 英国の歴史のパラレルワールドです。

 エリザベス一世が即位するまでの英国史って
 ほんとにどろどろで
 ヘタなドラマより面白いんですが
 それを、影武者、っていう日本の武将にあった制度を持ちこんで
 まぜまぜして、できた漫画がこれです

 発想がとってもすごい!
 そして展開が面白い!!


王国の子(1)
王国の子(2)
王国の子(3)
王国の子(4)
王国の子(5)
王国の子(6)
王国の子(7) [ びっけ ]

王国の子(7) あらすじ



 エリザベスの身代わりに死の塔へ幽閉される事になったロバート。

 処刑の時が一刻と迫る中、エリザベスの無実を訴えるため名乗りを上げたジェイン!

 民衆が固唾を飲んで見守る中、事態は意外な方向へ向かう。

 エリザベスのそしてゼントレンの命運やいかに?







王国の子(7) ネタバレ注意



 ゼントレン国の王宮には、第1〜3位の王位継承権を持つ者に、影武者がいます。
 この発想がすごい!

 エリザベスの影武者ロバートからの視点があって
 英国王族暗黒史が描かれていきます

 3巻で、エドワード王が亡くなります
 そして、弟の闘病生活のためにエリザベスの影武者になったロバート。彼の弟が病死します。
 これで、影武者を続ける必要はなくなりますが、ロバートは、エリザベスの影武者役にとどまります
 自分を必要としてくれる人の側にいたいから・・

 エリザベスの弟のエドワード王が亡くなると
 今度へエリザベスの姉のメアリーが女王として即位しますが
 カトリックのメアリーは、プロテスタントのエリザベスが目障りです
 もちろん、エリザベスの母親のアンが、メアリーの母を失意の中で死なせた、って怨みもあります

 そんな中で
 エリザベスを抹殺するために、反乱分子としてトマスワイアットを処刑し
 彼と共謀していたエリザベスも殺すためにロンドン塔へ

 でも、ロンドン塔に行ったのはロバートでした
 もし処刑となったら、エリザベスを逃がすつもりです

 現在イギリスの王位継承者(王族)はエリザベスだけで
 彼女を殺すと王位を継ぐ者を外から(スコットランドとかフランスとか)から持ってこないとならない
 貴族などでは、メアリーに子供がいない今、それを不安視するものもいるので
 エリザベスを処刑するには大きな理由がいるわけです

 でもって、ワイアットは処刑される前に民衆に
 エリザベスは関係ない、って言うし
 殺されたはずのジェインが出てきて、共謀したのは私です、って嘘いってエリザベスを庇うし
 エリザベスに化けたロバートが毅然としてるのも、民衆を味方にして
 エリザベスは無事にロンドン塔から田舎屋敷に解放されます

 さて、メアリ女王は、現在スペインの王子さまと結婚が決まってます
 30代の女王と、美形で有名な若い王子
 この結婚はどう展開するのか・・

 英国史を知っていると結末はわかってるんですが
 この漫画ではどう調理されるか、とっても楽しみです(^^)
 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王国の子(16世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

ヴィンランド・サガ(19) 幸村誠 最新刊 ガルム登場編 あらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(19)  外国が舞台の歴史漫画



 トルフィンは今、無血で世界を平和に、って望んでますが
 強さを封印しても、回りがほっとかない、って状況です

 それに現在は、父の代からの因縁に絡み取られてます

 トルフィンの父親・トールズはものすごい戦士で
 母親の叔父(トルフィンの祖父の弟)トルケルもものすごい戦士

 で、父・トールズの死を画策したフローキーが現れ
 自分の孫をヨーム戦士団のヘッドにしたいから、ってトルフィンを殺そうとする
 って物語展開が、18巻から始まって、最新作の19巻へと続いてるわけです

ヴィンランド・サガ(1) ヴィンランド・サガ(2) ヴィンランド・サガ(3) ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5) ヴィンランド・サガ(6) ヴィンランド・サガ(7) ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9) ヴィンランド・サガ(10) ヴィンランド・サガ(11) ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13) ヴィンランド・サガ(14) ヴィンランド・サガ(15) ヴィンランド・サガ(16)
ヴィンランド・サガ(17) ヴィンランド・サガ(18) [ 幸村 誠 ]
ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC) [ 幸村 誠 ]

ヴィンランド・サガ(19) あらすじ



 空白となった団長の座を巡り、二つの勢力が跡目争いを続ける北海最強の武力集団・ヨーム戦士団。

 トルフィンもその有力候補者であることが判明、戦火に巻き込まれる。

 ヨーム戦士団の幹部・フローキは自らの孫を後継者にしようと企て、
 反フローキ派・ヴァグンに客人として迎えられたトルフィンへ刺客を放つ。

 フローキ配下の血に飢えた戦士・ガルム。
 彼のスピードはトルフィンをも上回り、変幻自在の槍術がトルフィンを追いつめる!



ヴィンランド・サガ(19) ネタバレ



旅の仲間

トルフィン
 戦争も奴隷もない平和な国、を作ることをめざす

レイフ
 実在の人物で、ヨーロッパ人としてはじめて北米に到達した人物として知られる。

エイナル
 ノルド系イングランド人で、ノルド語とイングランド語に堪能。奴隷になるまでは農民

トルフィン(ギョロ目)
 トルフィンと間違えられてレイフに買い取られた元奴隷で、現在はレイフの養子 

グズリーズ
 グリーンランドからシグルドのもとに嫁ぎにきた19歳の女性

カルリ
 赤ん坊

130話、バルト海戦役.6
131話、7
132話、8
133話、9
134話、10
135話、11
136話、12
番外編

 ヨーム戦士団本拠地があるヨムスボルグ
 ここに、大隊長のフローキは、自分の孫のバルドルを当主にしたい
 けど、バルドルは戦が好きではないおとなしい子です

 フローキは、トルフィン抹殺指令を出したけど
 目の前で、敵対組織・ヴァグンにトルフィンを取られたので
 さっそくに、トルケルにヴァグン攻略を願うのですが
 自分からも刺客をおくっちゃって
 そいつが、トルフィンでなく、ヴァグンを殺しちゃったもんだから
 俺の大好きな戦いに横やりいれやがって、って
 トルケルの激怒を買いました

 で、トルフィンはどさくさまぎれに脱出できたんですが
 フローキの手下である凄腕の傭兵・ガルムが
 こいつがヴァグンを殺したんだけど
 トルフィンの弱点が身内だ、って見抜いて
 アブナイ目に合わせたくない、って別行動していた
 レイフたちを人質にして
 トルフィンにヨムスブルグに来い、って

 さぁ、どうなる!

 これ、とってもおもしろいんですが
 月刊誌のアフタヌーンに連載なので
 1冊にまとまるまで、半年以上かかるの
 次が出るまでが、ながい!!!

 待ちますけどね
 面白いからね(^^;)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 15:23 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

2017年06月22日のつぶやき














posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01 | TrackBack(0) | つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

2017年06月21日のつぶやき














posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01 | TrackBack(0) | つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする